(クリアしたので)我、寝ますね

ずっと積んでたゲーム「La-Mulana」を遊ぶ。

メトロイドヴァニア系探索型ゲームでKonamiの名作「ガリウスの迷宮」オマージュらしい。
ガリウスの迷宮といえば…多分MSX版のほうが有名なのかな?


(←MSX版ガリウス | 旧La-Mulana→)

幼い頃MSXの環境がなかったので私はFC版しか知らないんだけど…個人的に好きなゲーム。
ただ知人友人に話しても誰一人知らなかったんだよね…うーむ(;´Д`)
…それはさておき。

La-Mulanaのリメイク版(旧版はフリーウェアらしい)をSteamで見つけててずっと
気になってたのよね。この手のゲームは(自力でやると)時間使いそうで積んじゃってたけど…
最終的な感想としては、やって良かったと思える面白さで大満足!

メトロイドヴァニア系ゲームはSteamにも一杯あるけど、他の2DアクションRPGとは違うというか…
このガリウスっぽさ?…言葉で魅力を伝えるのが難しいんだけどちょっと雰囲気が違うのよね。
遺跡(ダンジョン)探索、考古学、ギリシャ神話っていうテーマもあるんだろうけど。

アクションが然程忙しくなく(最低限の移動とジャンプ程度)で探索重視。
ヒントから謎解きしながら進めていく「解明」がメインではあるけど、アクションギミックとの
バランスが良く、レトロゲー感ありながらも都度達成感を強く感じられるゲームだった。

2DグラフィックもBGMも格好良くドットも高クオリティ。
レトロゲー特有の理不尽な仕掛けやらも満載で人を選ぶかもしれないが…かなりお勧め。
まぁリメイク版も2011年(Wii版)らしいので…今更感ありありだけどね(´・ω・`)
Steamセール時はワンコイン以下で買えますぜ。

オマケダンジョンの地獄聖堂はアクション面に特化してて難しかったわ。
これはこれで達成感あったが…26-30面のやり直しでゲーコン投げそうになった()
時のランプなかったら無理だったなコレ。


面白かったのでLa-Mulana2も後日入手。

1主人公の娘が2の主人公らしい。
基本的には続編でリメイク版1と同じような感じだけど…2はアクションとのバランスが
悪く感じたな。ダメージ無敵時間が大幅に減ったり、敵の配置とギミックの意地が悪いというか。
即死トラップとか1ミスでえらく戻される要素も多くて。

より難しくしたかったんだろうが…別ベクトル(覚えゲー方面)に難しくなっちゃってて
探索解明の楽しさはあるものの、道中アクションで詰まる事も多くて大分イライラしてたわ…。
キャラ会話に絵がついたりドット絵のパターンが多かったり良い点もあるんだけどね。
前作のオマケダンジョンが最終ダンジョンの設定は好き。
1が90点なら2は80点ってところかな。

文句を言いつつも探索型2Dアクションとしては、かなりハマったので…続編に期待したい。
2DアクションならSteamに一杯あるし、勧められてやった「Salt and Sanctuary」や
手持ちの「Dust An Elysian Tail」「ori and the blind forest」とかも面白かったけど
一番好きなシリーズになったかも。

ムーブルクのこのセリフ本当すこ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください