これが噂のドット回帰ゲーか

前々から気になってたOCTOPATH TRAVELERのSteam版が出たのでプレイと簡単な感想でも。
9月に始めたのにクリアが10月に。グラブル古戦場からの体調不良で途中大分空いてしまった…。

ドット絵ゲーなのに2D寄りに3D取り入れてるせいか古さをあまり感じさせない、
SFC後期をよりブラッシュアップしたグラフィックは良かった。
ちらほらレビュー等で画像を見かけてたが、画像だけじゃ伝わらない空気感があった。

ゲームのシステムとしては、ジョブ変更(FF系)やらマップ移動(ロマサガ系)やら
馴染みのものも多くて好みだが…いかんせん戦闘がやや単調になりがち。
BPによる戦闘の流れが戦略性を生むのは分かるんだけど…制限でのテンポの悪さと
戦略固定化が好きになれなかった。戦闘面で強制的に制限をかけるより、移動を含めてMP(SP)を
どう温存するか?っていうバランスの取り方の方が自由度を感じる。
(ロマサガRSも制限かかってて止めちゃったから…好みの問題だわな。)

あとキャラ単位のフィールドスキルが固定だったので、一見PT自由度高そうでもそうでもないんよね。
進める過程で宝箱空け要員にテリオン、貴重装備購入にトレサはほぼ必須。(その都度入替も面倒)
街NPCに出切る事が多すぎて逆に面倒臭さもあった…NPC勧誘は面白い要素だとは思うけどね。

シナリオはオムニバス形式だけど、好きなタイミングで自由に進められる「4章構成」だからか
仲間キャラがあたかも居ないように展開されるのが不自然。これだったらLALみたいに
キャラ単位のシナリオを進める方式で良かったんじゃないかと。
キャラそれぞれの関係も希薄で、ちょっと頼まれ事をしたら仲間になって最終的に8人集まった感。
各キャラに共通の最終目標があれば違ったんじゃないかな。
裏ダンジョンでそれぞれのキャラが実は繋がってた!って補足されても…盛り上がれる訳も無く。
個々のシナリオは好きなものもあったが…残念な構成と言わざるを得ない。
全ての章構成がほぼ同じ(イベント→ダンジョンボスを倒す)なのも含めて。

……と結構な酷評はしつつも、昨今これだけの作りこみのドットゲーRPGは稀少で
昔のスクウェア作品らしい雰囲気もある。BGMや絵の雰囲気も良いし
のんびりまったり遊ぶ分には悪くないゲームと総評したい、育成も楽しいしな。

2Dドットゲーでこれだけ雰囲気出せるなら今後も同じ路線でゲームを出してくれんかね。

オルベリクさんは王道だけど好きなキャラだったな。次点でアーフェンとハンイット。

[追記]

一応裏ボスのカルデラは倒しました。
オマケとはいえボス10体ノーセーブ(セーブ出来ない)はアカンでしょ(´・ω・`)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください