やれ1TBだ2TBだって時代に低容量HDDを使い続けてる(40GB x 2 + 8.4GB と3台接続中)わけですが…
先日プライマリHDDからPCが起動出来なくなって、ついに逝ってしまわれたかと焦ったが
どうやらパーティション情報が破損(MBR破損)しただけのようで「ファイナルデータ9.0体験版(以下FD9)」で
中身のファイルが生存しているのを確認できた。が、体験版では復元はできないようだ(;´Д`)

MBRが破損すると”未フォーマット”状態で認識はするが読み込めない。データを取り出すには
正常なパーティション情報を書き加える(MBRを修復)必要があるわけだが…XPでの通常の修復方法

●回復コンソール→FIXMBR(Fixboot)

では修復不可(何かエラー出た)でして如何にも参った。その後MBR回復系のフリーのツールも幾つか
試してみたが全滅。ここまでやってもダメとなるとその他の破損も考えられるが…FD9体験版で中身が
見れた事を踏まえると物理的な破損では無いはずだし、FD9製品版では回復できる可能性が高い。
とは言え…こんな破損滅多に無いわけで…購入しても使用はそうそう無いだろうから勿体無ス(;^ω^)

結局数日に渡り調べた結果、フリーの「TestDisk & PhotoRec」というツールで回復できた!という
記事が幾つかあったので、これを試してみようと思うも…何やら難しそうだ。正に’日本語でおk’と
言いたくなる意味不明な専門用語の嵐とTUIによる操作ってだけですっかり意気消沈だが…
なんとかサルベージしたくて目を通す。…どうやら単体PC&HDDだと起動ディスクを作ったり
色々と面倒なようだが、セカンダリHDDとして別PCから操作する分には割りと簡単なようなので
サブPCで作業をする事にする。詳しい作業はGigazineのほうで紹介されてるのでありがたく参照して
…小一時間後、無事に回復しましたヽ(´ー`)ノワッショイ

この手のツールはFDシリーズ(有料)しか無いと思ってましたが…フリーでこれは凄いな。
GUI化したら言うこと無いんだがなぁ。それは贅沢ってもんか…。

またもやストホの話…このPCで出来るゲームってこれぐらいしか無いんだよね(‘A`)
結構前からやってた続編のクルセイダー(英語版)。数ヶ月に渡ってプレイしてきたが
漸くクリア…面白いんだが長い!

無印が全21面に対してクルセは50面で尚且つ全ての面が攻城せにゃならん上に複数人ステージもあるんで
単純に時間がかかるんだわ。その上PCスペック不足で速度90にしても30ぐらいしか出ないし(;´Д`)

ご覧の有様。1面で5時間半てナンダヨ!!やれやれだぜ。
…プレイ時間は大変なことになったが、クルセ自体はそこまで難しくなかったな、41面以外は。
あの面だけ別格だろ常識的に考えて…何回がめおべらになったんだ(;^ω^)

兎も角長い戦だった。…次はExtremeだ!

と思いきや「Stronghold Crusader Extreme」の中のクルセイダーに新たに追加された
51面~80面が入ってた/(^o^)\
続きが出来て嬉しいやら悲しいやら…戦いはまだ終わらない。

先日ストホの初ネット対戦を試みたが…何故だか出来なかった(´・ω・)
ストホのIP対戦は相当数のポートを空けないとダメみたいなんで、そこに問題があったのか…謎。
東方非想天則とかLR(endress music)はできたのに…むぅ、残念だ。
対戦だけと言わず、皆で一斉に城作りをして見せ合うってのも楽しそうだなぁとか妄想してたのに(;´Д`)

ストホもソロではキャンペーン何週かしちゃったしフリーモードもそこそこ楽しんだんで、最近は
ミッションとかを自作して遊んでるんですが…自作ミッション公開してる日本の方って
少ないんですかね?ググっても数個しか出てこないんですが。(米ファンサイトには沢山ありますが)

物は試し。前に作成した糞マップでも上げてみます。 ⇒ Download
(解凍して中身をMapsフォルダにコピー)

ストホの面白いところは、こういったユーザー作成のシナリオ(ミッション)を安易に
楽しめるところだと思うんだけども、流石に無印は古すぎて流行らないのかねぇ。ストホ3とか
出てるわけだし(ヽ’ω`) …でも、まだまだ無印でも十分楽しめると思うんだ。

[某氏へ私信]
全ポート開放したんで良かったらまたネット対戦試してやってください。

色々な所からxmlを頂戴した結果、登録曲数が大変なことに。ゲームの曲だけで何万曲あるんだ
とそれはさて置き、hootは専らPC98ゲー曲専用だったが…コンシューマ機の曲データも
エミュレートできるようなんで登録しとこうかと思ったがxmlが落ちてない。
nsf(FC)やgbs(GB)、SPC(SFC)等の曲データはhootで聞く人が少ないって事だろうか…まぁ
プラグインを入れたwinampの方が再生&コントロールが容易だから需要ないのかも。
winampとhootの使い分けが面倒臭いんで、良く聞く曲のxmlをちまちまと書くか(´・ω・)

[自分用GB/xml指定メモ]
<game>
<name>[GB] レッドアリーマー 魔界村外伝</name>
<driver type="gbs">gb</driver>
<romlist archive="ral">
<rom type="code">ral.gbs</rom>
</romlist>
<titlelist>
<title code="0">00:タイトル画面</title>
<title code="1">01:村</title>
<title code="2">02:デモンボーダー</title>
<title code="3">03:ビックタワーモンスター</title>
<title code="4">04:キングパレス</title>
<title code="5">05:サンドメイズ</title>
<title code="6">06:ルースキープ</title>
<title code="7">07:ブレーガープレイス</title>
<title code="8">08:フィールド戦闘</title>
<title code="9">09:ダークロード</title>
<title code="10">10:ショートステージ</title>
<title code="11">11:魔界フィールド</title>
<title code="12">12:ボス戦</title>
<title code="13">13:エンディング</title>
<title code="14">14:ゲームオーバー</title>
<title code="15">15:キングブレーガー</title>
<title code="16">16:クリア</title>
</titlelist>
</game>

曲タイトルとか調べなきゃならないから結構面倒くさいな(;´Д`)
好きなゲームタイトルだけでも何日かかるんだこの作業。気が遠くなるぜ…!

大手のサイトで”XHTML1.0 Transitional”を使用してる所が多くなってきたみたいなんで
サーチの方もそれに準じて移行を考えてたりしますが、そもそもXHTMLのメリットって何だろう。
HTMLより厳密に定義しなければならないので、その結果正確で任意な表示が可能(ブラウザによる
崩れを阻止)になるという点が挙げられるが、XHTML非対応のブラウザの事も考えればメリットとしては
微妙な気もする。SVGやMathMLが安易に組み込み可能であっても使わないし、Parser処理の関係上
描画表示が早まるというのも眉唾レベルの話。
「将来的には○○が使える」とか「今後XHTMLベースにシフトしていく」といった話は
ちらほら出てたようですが…数年経った今でも特に利便性は変わってない気がする。

じゃあ何で移行するのさ?大手がXHTMLを採用しているからさ(キリッ

HTML→XHTMLテスト
http://www.itarunsearch.com/index3.xhtml(結果

ストホネタ出したんで我が城。至って平凡的な城っぽいけど…

3重城門(跳ね橋)と3重城壁。城壁間は堀。小塔13個と円塔2個な城。

ホンマはWolfのような強固で格好良い城を作りたいんやが…シンメトリーは難しくね?(;´Д`)
皆(他の閣下)はどんな城を作ってるんだろうな。城SSとか全然上がってないからなぁ

「みんなでスペランカー」とかPS3で出てたのか…コレ面白そうだ。
PS3持ってたら間違いなく買ってたわw
みんなでスペランカー(ニコニコ)

スペランカー先生…。

3コマ目が描きたかっただけですサーセン

これは面白そうだよなぁ。オンラインで多人数同時プレイが可能で
「みんなで協力して進む」と同時に「協力プレイの筈が対戦になっていた」というありがちな
展開が安易に想像できる所が良いね。バルーンファイトとかバトルシティみたいなねw
最近この手のゲームがどれほど出てるのかわからないが、もっと旧作リメイクしてもらいたいなぁと。
オンライン化できる今ならFCの大半、協力ゲー&対戦ゲーは熱いと思うんだ(´・ω・)

今はエミュで対戦や協力プレイが出来ない事も無いけど…コンシューマ機と比較したら参加人数が
圧倒的に違うしね。あとエミュの方は外人ばっかりだし…


>”いっきおんらいん”とかもあるよ!よよよ!
(あけち さん)

なん…だと…!皆で散らばったコイン小判を集めるわけか…
仲間(PC)キャラに当たり判定あったら熱いかもしれんw